ドクターヘリ出動の実際

 

   

Drheri1.jpg 

< 医師 >

要請がない時はずっと待機しているわけではなく、他の業務をしています。急な出動に対応するために、手術や大きな処置は行わないようにしています。もし何か処置を行っていたら、他の医師に引き継いで出動します。最初は出動の指示がかかるだけで、内容は簡単にしか分かりません。

出動の指示がかかったら、救急外来前の病院救急車に乗り込むか、ヘリポートまでダッシュします。5階や7階の病棟にいることもあり、階段を駆け下ります。ヘリコプター自体がエンジンを掛けてから、離陸できるまでに約4分かかるので、4分以内にヘリポートにたどり着けるよう努めています。

乗り込んだら、マスク、手袋をつけ、無線機の付いたヘルメットを装着します。そして、シートベルトを確認して離陸です。

離陸して目的地などが確認されたら、患者さんの容態の情報を無線交信します。現場に近づいたら、救急隊と交信し詳細の情報や準備を指示します。

 

 

Drheri2.jpg 

< 看護師 >

医師と同様にずっと待機しているわけではなく、救急外来のサポートや、他の看護師さんの業務を手伝います。急な出動に対応するために、個人の患者さんを受け持ったりしません。要請がかかったら、ヘリポートまでダッシュします。救命センターは2階にあるので、ヘリコプターが離陸する4分以内にヘリポートに着けるよう努めます。

ヘリコプターに搭乗し、マスク、手袋をつけ、ヘルメットを装着します。シートベルトを確認して、離陸します。離陸後は患者さんの情報をカルテに書いたり、点滴の用意をしたり、行う予定の処置の準備をしたり大忙しです。

 

 

Drheri5.jpg

< 操縦士 >

ヘリポート横の待機室に常時待機しています。要請がない時は、出動エリアの天候をチェックすることが大事です。天候が悪くて、ヘリコプターが飛んで行けない場合があるからです。インターネットなどを通じて、各地の天候を詳細に把握します。

安全に飛行することが第一です。安全に飛行が出来ないと操縦士が判断した場合は、他の手段を講じて搬送します。

 

 

Drheri3.jpg 

< 整備士 >

ヘリポートの待機室に待機し、要請がない時は機体を整備し安全飛行に努めています。出動時には、離陸前の点検、周囲の安全確認をし、助手席に乗り込みます。離陸後は目的地の調整や消防本部や出動隊と無線交信し、着陸場所を消防に安全確保してもらい、着陸を行うように調整しています。

 

 

 

Drheri6.jpg 

< 運航調整(CS) >

CSとは Communication Specialist の略で、運航調整を行います。病院内のCS室に待機しています。消防本部からの要請を受けて、出動の指示をします。その後、目的地を設定し、ヘリコプターと交信します。要請内容も医師に交信します。出動を統括し円滑に安全に搬送できるように努めています。搬送先が他院であったりする場合は、電話で調整します。

要請がない時は、各地の天候の把握に努めたり、運航に必要な情報を集め、運航クルーに周知します。